スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.07 Thursday |  | - | - | - | 

1.父に捧げる

この日記は2001年11月に書いたものです。

ずっとしまっておいた文章ですが、思うところあって、ブログに載せることにしました。

<父に捧げる> 11月24日

私がこのページを作ろうと思い立ったのは、今年9月のことだった。

5月に帰省したときに、父がいつもより元気がなかったので、気になりはしていたものの、もともと物静かな人なので、それほど心配もせずそのまま帰ってきた。


その後、母から「どうも父さんの調子が悪いので検査入院させてみる」と連絡があり、心配していると、父は肝臓を患っていてもう手術しても手遅れで、長くて半年ということだった。

お医者の話を聞きに行った姉が電話の向こうで号泣していた。
「側にいながらなぜ私が気付かなかったのか」と、自分を責めていた。

お医者はそれでも延命の手段はあると言ってくださったが、どうしても家に帰りたいという父の意向を汲み、母と姉はお医者に懇願して父を連れて帰ることにした。


父はその時、看護婦や医者のいる前で、母の手を握り「あんたと結婚してほんとに良かった。」と言ったそうだ。

帰り道は義兄の運転するワゴン車の後ろの座席をフラットにして、窓から景色を見られるようにして帰った。

途中、新緑があまりに見事なので、義兄は寄り道して景色の良いところへ連れていったらしい。

「病人なのだから早く家に連れて帰らないと。」と姉が言ったのだが、今思えばそれが父の外出の最期になったわけだから、義兄の心遣いに私はとても感謝している。


家に帰り、父は家の中で一番明るい東南向きの部屋に母と暮らすことになった。

父の寝ているベッドから、父のお気に入りの物が全部見えるように壁一面に配置してある。

散歩の時の帽子、母が墨で書いた詩「千曲川旅情の歌」、家族の予定を大きく書いた母の手作りのカレンダー、父の父がステッキをもってポーズをとっているセピア色の写真、姪のバイオリン演奏の写真。

窓からは母が丹精した鉢植えの数々、身よりのないおじいさんから預かった文鳥二羽、お隣の藤棚、その向こうの青い空。

テレビはいつも父の好きな番組ばかりがついている。囲碁だとか相撲だとか。


父は痛いとか苦しいとかいうことが全くなく、ただ、無心に眠っている
。起きている時間はだんだん減ってきて、ここ数日は目が覚めているのは一日30分ほど。

目が覚めて母の姿がないとまるで赤ん坊のように母を目で捜している。見つけると安心してちょっと笑っている。母と同じ高さにいたいらしく、ベッドからおろせという。

それは無理なので母がベッドで添い寝している。とんとんするとまた眠りに入る。

若い頃の父はとても厳格な人で、若くして家族から別れて暮らしていたので、家族の温かさをあまり知らない。

母が「愛情はあるのだけど、どう表現していいかわからない人なのよ。」と言っていた。

若い私はそれがわからず、父のもとから離れがちだった。

今になって、もっと話をしておけば良かったと後悔しているのだが、父はもうあまり話すこともできない。

遠くにいて何一つできない私が唯一できることは、こうして父のページを作ることだけだ。父に言えなかったことをここに記すことにしようと思った。


・・あと半年と言われてから、5ヶ月が経った。父はまだしっかり呼吸をしている。


「もう大丈夫やから、汽車に乗って帰りなさい。」と言われ、こちらに帰ってきた。

父に残された時間があとどのぐらいあるのかは知るべくもないが、こうして私に「父への手紙」を書くだけの時間を与えてくれたすべてのものに感謝している。


もう、私は、父に「頑張って」とは言わない。

もう、頑張りすぎるぐらい頑張っているのだから。

父がこれから、一回でも多く、美味しいとかうれしいとか気持ちよいとか感じてくれたら、もうそれでいい。


願わくば、父がこのまま幸せな夢を見続けられますように。。。
2007.03.10 Saturday | 02:30 | comments(5) | trackbacks(0) | はじめに。 | 
 | 1 / 1 PAGES |